ハワイアンウォーターとは何か

ハワイアンウォーターとは何か 昨今、水の安全性というのが注目されるようになってきました。日本は水が安全に飲める数少ない国の一つですが、そんな国でさえ水道水ではなく、水の宅配業者を使用して水を購入している人が多くなってきています。そんな中で登場している水の宅配業者の一つとして、ハワイアンウォーターがあります。ここでは、ハワイアンウォーターというのがどのようなものであるのか、またその利用の方法についても紹介します。

まずは、ハワイアンウォーターがどのような水であるのかについて紹介します。その名前の通り、ハワイで作られている水ということは分かるかと思いますが、具体的にはどのような水なのでしょうか。ハワイアンウォーターは、ハワイの島の一つであるオアフ島の地下で採取された天然水を使っています。この天然水をそのまま提供するのではなく、ROシステムという特殊な濾過システムを使用することによって濾過を行っています。その純度は99.9%と非常に高いというのがハワイアンウォーターの特徴となっています。

それでは、ハワイアンウォーターの濾過に使用されているROシステムというのはどのようなものなのでしょうか。ROシステムは逆浸透膜と呼ばれる膜を使用することによって濾過を行うシステムのことです。非常に小さな穴が大量に空いたフィルターを通すことによって、水自身が持っている「浸透圧」の力を利用して濾過が行われていくことになります。これにより、水中に含まれているごく細かい物質まで取り除くことができるようになり、より純度の高い状態にすることができるのがポイントです。

それでは、ハワイアンウォーターと浄水器を使用した水とでは、どのような違いがあるのでしょうか。ハワイアンウォーターは前述のROシステムによって非常に細かい物質まで濾過を行うことができるようになっていますが、一般的な浄水器でこのような特殊な濾過まで行うことはできません。通常の濾過システムよりも、非常に高度に濾過が行われているため安全性も高く、小さなお子さんも安心して飲むことができます。

では実際にハワイアンウォーターを使用したいと思う場合、どのようにして使用すれば良いのでしょうか。この先では、ハワイアンウォーターの特徴を細かく説明します。そして水の宅配の条件、さらには水の利用料金と宅配のシステムなどもご紹介します。具体的に知って利用することによって、より安心して利用できるようになるでしょう。

最新ニュース